中小企業のための実用新案のトータルサポートをする特許事務所

中小企業のための実用新案の申請・相談サポート!

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • HOME
  • 実用新案の基礎知識

実用新案の基礎知識

特許は、「発明」を保護します。

一方、実用新案は、特許で保護されるほどではない「小発明」を保護するものです。

特許と実用新案とは兄弟の関係にあります。

そのため、一般的には、大企業が開発した高度な技術的アイデア(発明)は特許で、
中小企業や個人の「小発明」は実用新案で保護するのが慣例となっています。

ここでは、実用新案とは,実用新案と特許の違い,実用新案と意匠の違いなど
実用新案についての基礎知識について解説していきます。

 

 

「実用新案の基礎知識」についての詳細はこちら!


実用新案とは 実用新案と特許の違い 実用新案登録について
     
実用新案出願から権利消滅までの流れ    


お問合せ・無料相談はこちら

 

           

お問い合わせ電話番号 03-5830-7210

  相談の流れはコチラ

Copyright c 2010 至誠国際特許事務所 All Rights Reserved.