中小企業のための実用新案のトータルサポートをする特許事務所

中小企業のための実用新案の申請・相談サポート!

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

事前手続き

実用新案登録出願手続きの前に手続きを円滑に進めるために、
あらかじめ行うことができる手続きについてご説明します。

大きくは以下の手続が必要になりますので、しっかりチェックをしてください。
 

(1)識別番号付与の請求

実用新案登録出願の手続をする人、その代理人は、その手続に係る書類に特許庁長官が付与してもらわなければなりません。
そして、その識別番号を記載しなければなりません。

識別番号付与の請求があったときは、特許庁長官は、識別番号を付与し、請求人に通知します。

出願の手続に先立って、あらかじめ識別番号の付与を受けようとする場合には、
様式の書面で識別番号の請求をすることができます
 

(2)識別番号付与請求書の作成要領

用紙から余白など細かく記載方法が決まっておりますので、注意をして作成をしてください。
 

(3)氏名変更等の届出

印鑑などの変更したときに必要になるものです。


その他、以下のようなものを注意しなければなりません。
(4)識別ラベル交付の請求
(5)予納
(6)予納の届出
(7)見込額の予納
(8)予納者の地位の承継の届出
(9)現金納付
(10)電子納付
(11)口座振替による納付
(12)包括委任状の提出
(13)包括委任状の取下げ
(14)自動納付
(15)自動納付の申出
(16)自動納付の申出の取下げ
 

 

「実用新案の登録の流れ」についての詳細はこちら!


先行技術調査 事前手続 実用新案登録出願の手続
     
実用新案技術評価の請求 手続の補正  


お問合せ・無料相談はこちら

 

           

お問い合わせ電話番号 03-5830-7210

  相談の流れはコチラ

Copyright c 2010 至誠国際特許事務所 All Rights Reserved.