中小企業のための実用新案のトータルサポートをする特許事務所

中小企業のための実用新案の申請・相談サポート!

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • HOME
  • 代表者メッセージ

代表者メッセージ

 

ご挨拶


 

 

至誠国際特許事務所
所長 弁理士 木村 高明

     
当所は「少数精鋭の国際事務所」を目指して、平成14年末に設立
された、まだ若い事務所です。

国内では中小企業のお客様を主体としており、私自身がかつて
20年以上に亘り、大企業のお客様との知財業務で学んだ様々な
ノウハウと、また、長年の国際知財業務により身につけたノウハウを中小企業のお客様の支援に活かすべく業務しております。

当所の業務の種類は、特許・実用新案・意匠・商標・不正競争に及び、国内での調査、出願、中間応答、審判、査定系訴訟、鑑定、
  木村高明
侵害訴訟、ライセンス、さらに、外国への出願、外国からの出願、海外での紛争事件解決と、ほぼ、知財業務の全範囲をカバーしており、知財に関し、国内調査から海外紛争解決に至る、一貫した
「ワンストップサービス」が可能です。

私自身が、全ての種類の知財業務を楽しんで行っており、事務所内でのモットーは「お客様と共に知財をエンジョイする」ことです。

当所の特徴は以下の点にあります。

1.大事務所以上の業務品質を大事務所以下の価格でご提供する。
2.日本及び外国の中小企業を、知財を利用して日本及び世界で守る。
3.知財の可能性をお客様の視点で徹底的に追及する。

上記1の「業務品質」に関しては、私自身が蓄積したスキル、ノウハウを全業務に反映すべく、私自身が全業務に目を通して高い品質管理を行っております。
所内には私の業務をサポートしてもらっている知財技術者及びパラリーガル(知財事務員)がおりますが、知財技術者に対しては、私自身が日々、厳しいOJTを施すと共に、パラリーガルに関しては、私が現在、塾長に任じている(平成20年現在)パラリーガル養成スクールで学習してもらうことにより業務品質、モチベーションのアップを図っております。

また、上記2の「世界での保護」に関しては、私自身の様々な国際団体での活動を通じて、また、長年、友人づきあいを行っている多くの外国弁理士との緊密な連携から、海外の最新の知財情報、世界の知財行政の動向をほぼリアルタイムで把握していることから、外国における確実、迅速な保護が可能となります。
さらに、紛争事件にあっては、知財案件に精通した弁護士との緊密な連携関係を保持しており、できるかぎりの費用発生を抑えた紛争解決を行える体制を持っております。
これらを基礎として、上記3にあるように、あくまでも特許事務所のユーザーであるお客様の視点に立ち、お客様の納得できるユーザーフレンドリーな業務をご提供することを目標としており、権利化の案件では最も効果的な保護を、紛争事件では最も妥当な解決方法を、必要な場合には海外にまで実際に足を運びお客様と一緒に考えます。

政府は「知財立国構想」を標榜し、さらに、近年、料金値下げ、助成金等、中小企業の知財活動の支援が行なわれてきており、時代は正に、知財、中小企業に対して追い風です。「知財の発掘、権利化、有効活用」は、大企業にとっても、また中小企業にとってもマーケットのコントロールを介して経営に直結する重要な事項です。

近年、中国等のアジア諸国が「世界の工場化」することにより、日本企業のあり方が問われており、当然のことながら、単純な価格競争に巻き込まれることなく、あらためて「メイド・イン・ジャパン」としての技術力、付加価値、国際競争力を付けていくこと、が課題となってきております。
また、国内での紛争事件も増加してきており、中小企業の間でも積極的に権利行使が行われております。しかしながら、一方で、知財の権利は「何でもできる魔法の杖」ではなく限界もあります。
さらに、良くも悪しくも「知財」は国際的なものであり、他国でマネされてしまう可能性も常にはらんでおります。

このような状況の中で、お客様の知財に関する代理人として、弁理士としての20年以上の国内業務及び国際業務の経験を基礎に、「知財の可能性」をお客様と同じ視点でご一緒に追及していきたい、と考えております。当所のスキル、ノウハウを「社外知財部」としてお気軽にご利用いただければ幸いです。

以上



お問合せ・無料相談はこちら

 

           

お問い合わせ電話番号 03-5830-7210

  相談の流れはコチラ

Copyright c 2010 至誠国際特許事務所 All Rights Reserved.